アスベストを吸い込むと病気になる【飛散すると悲惨なことに】

太陽光発電

電気は売れる

固定価格買取制度を利用する

太陽光発電

太陽光発電パネルを施工する住宅が増えています。昼間に発電して、家庭用の電気を賄いますがどうしても余剰分が出ます。その余剰分を電力会社に売電することができます。価格は10年間固定されているため、安定した副収入が得られます。買取価格は平成28年3月31日までは、家庭用10kw未満の場合、1kwあたり33円もしくは35円という設定になっています。実のところ昨年の買取価格よりも下がっています。来年4月以降の価格は未定ですが、再度値下がりする可能性も否定できません。決断されるなら早いほうがいいでしょう。 太陽光発電を取り扱う宮城県の業者はいくつかあります。どこにすべきか迷うところですが、宮城県の業者の比較サイトもあります。そういったサイトを見ると施工実績や取扱いメーカーなどが掲載されていますので、参考になるでしょう。

太陽光発電の余剰分を蓄電することもできます

前述のように、余剰電力を電力会社に売電することも出来ます。それにより電気代の節約と副収入を得ることもできます。初期投資にお金はかかりますが、設置後は家計に優しい設備だと言えます。 余剰電力は売電意外に、蓄電という方法もあります。家庭用蓄電池が登場し、選択肢の一つとなりつつあります。蓄電池はその名の通り電気を蓄電します。昼間は太陽光発電で電気を賄えますが、夜間や雨の日は電気を買わなければなりません。しかし昼間の余剰電力を蓄電すると、それを夜間に利用することで電気代が大幅に削減できます。又、万が一の停電時にも役立つでしょう。 このように太陽光発電には目的に合わせたシステムがあります。宮城県の業者なら、売電に関する実績はもちろん、蓄電タイプの実績も豊富です。又、長期間使用することを考えるとアフターフォローのできる業者選びが大切です。 宮城県の業者の中には、展示場など実際に目でみて確かめることのできる施設も用意しているようです。